FOSTEX T50RPmk4 特徴・スペック等 全面駆動型平面振動板のRPドライバーを大幅リニューアルして搭載

ヘッドホン

概要

FOSTEX T50RPmk4は、フォステクスが独自開発した全面駆動型平面振動板のRPドライバーを大幅リニューアルして搭載したモニターヘッドホンです。1974年に初代T50が発売されて以来、RPドライバーは多くのモデルに採用され、世界の音楽スタジオでミュージシャンやエンジニアに高く評価されてきました。第4世代となるこのモデルでは、伝統のRPドライバーと一新されたハウジングデザインを特徴とし、次世代のサウンド体験を提供します。

  • ブランド名: FOSTEX
  • モデル名: T50RPmk4
  • 発売日: 2024年6月18日
  • 参考価格: ¥35,000(税込)

特徴

第4世代RPドライバー

50年にわたる改良を重ねたRPテクノロジーの全面駆動型平面振動板ドライバーが、振動領域の拡大と均一化を達成。新設計のプリンテッドコイルパターンとマグネット増量により、感度の向上、滑らかな周波数特性、優れた過渡特性を実現しています。

左右どちらでもケーブル接続可能

左右のハウジングにコネクタを装備し、使用環境に応じて左右どちらでもケーブル接続が可能。対称形状のハウジングで音質差を低減し、バランス接続にも対応。高音質OFC導体を採用したケーブルも付属しています。

快適な装着性のイヤーパッド

低反発のアラウンドイヤー型イヤーパッドを採用し、長時間のリスニングでも快適な装着感を提供します。

スペック・製品仕様表

項目内容
型式セミオープンダイナミック型
ドライバーRP方式平面振動板
インピーダンス28 Ω
感度97 dB/mW
最大入力3,000 mW
再生周波数帯域10~40,000 Hz
本体質量約330g(ケーブル含まず)
付属品φ3.5mm(4極)⇔ φ3.5mm (3極)ステレオフォーンケーブル(2m)×1、φ3.5mm → φ6.3mmステレオフォーン変換コネクタ×1

どんな人におすすめか

FOSTEX T50RPmk4は、音楽制作やミキシングを行うプロフェッショナルなエンジニア、ミュージシャンに最適なモニターヘッドホンです。また、平面駆動型の高音質を求めるオーディオファイルや、自宅での高品質なリスニング体験を求める方にもおすすめです。長時間の使用でも快適な装着感があり、正確な音場再現と定位感を求める方にぴったりです。

新着記事

タイトルとURLをコピーしました